2010年5月26日

CSS Nite LP, Disk 9「Coder's Higher」に参加しました(3)

3回にわたってしまいました。セミナーの日から1ヶ月以上経ってしまいましたが...今更ながらのセミナーレポートエントリーの続きですf^^;

子供を親に預けての参加だったので、最後まで聴くのは難しく、どこで切り上げるかを決めかねていました。ただ、HTML5に関するセッションをぜひ聴きたかったのと、小山田さん+益子さんのお話が楽しみだったのとでセッション7までなんとか残ってしまいました。

結果として、聴いて本当に良かったと思います(羽田野さんのセッションは泣く泣く断念しましたが...)。

コーディングコンテストに応募するために初めてHTML5で制作しようとしたとき、参考にしたのは主に書籍でした。既にネット上に出ているHTML5で書かれたページのソースを見たりもしましたが、やはり一人でやっていると疑問のループに陥りがちでした。

テキストエディタにコツコツ書いて、Firefoxでプレビューして...とやり始め、途中からDreamweaverでxhtmlで作ってから直した方がいいのか?など思い直し、試行錯誤。方針を決めてから始めれば良かったのに、とりあえず息子が寝てる間にできることをやっちゃおうなんて思ったのが間違いだったのか、結局作業が行ったり来たりになってうまくはかどりませんでした。で、期限に間に合わず...(泣)。ただ、得た部分もたくさんありましたので、このコーディングコンテストに少しでも取り組めたのは無駄じゃなかったと思っています。

そんなこんなで、HTML5に対するもやもや感をそのまま持ち込んで、がっつり聴き始めました。ありがたいことにサンプルを使用して実際の制作に即した内容のセッションだったので、自分で悪戦苦闘していた時と同じ感覚で聴くことができてスッと頭に入ってきました。

わたし的ポイントをメモメモ。

<header>、<footer>はページ内にいくつあってもOK(グルーピングするためのもの、という考え方)。idつけてわける。
新聞記事に見立てて考えるとわかりやすい。(article→経済面、スポーツ面 section→見出し+本文 aside→4コマ漫画とか、広告とか。)

サンプルの「なぞの野菜市場」サイトを使ったお話は非常にわかりやすかったです。メニュー下のバナーは<aside>扱い、イントロの脇に配されたトマトの画像は飾りなので<div>か<p>...など、仕事で実際にありそうなものを例として説明していただけたので参考になりました(もちろんどうマークアップするかはケースバイケースであり、今回のものも一例ではありますが)。

これまで以上に、コーディングする際には記事の内容を把握し、適切なコードを考えなくてはならなくなったという感じです。ただ、きちんと洗練されたソースコードを書くことで、より情報をユーザーに伝わりやすく提供できるようになるということなので、しっかり勉強して身につけたいなと思いました。

HTML5について文字からではなく実際に耳で聞いて学ぶことができたので、もやもやがかなり晴れて会場を後にすることができました。本当は羽田野さんのセッションまで全部聴いて帰れたら一番よかったのですが...。それは頑張って自習しようと思います。

セミナーからだいぶ経ってからも、この日聴いたいろいろな話が、今後の自分のキャリアパスに重要な意味を持ってくるのを感じています。自分が次に何を考えるべきなのか、何を習得するべきなのか、何を目標とするべきなのか...。とりあえず考えているだけではなく、何か行動を起こさなくてはいけないと強く思うのでした。

最後に、セミナーでお話してくださったスピーカーのみなさんや運営サイドのみなさん、主催の鷹野さん(休憩中にお話しできて嬉しかったです!)に心から感謝したいです。これからも、web制作に関わる人間として頑張っていこうと思います。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.motsu2.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/151
ページ上へ